友人が交通事故に遭った

同世代の友人が車に轢かれたことがあります。実はその時、ひき逃げでした。友人は目撃した人が救急車を呼んでくれた甲斐あってすぐに病院へ搬送され、大事に至らなかったのですが、その後の手続きが大変だったそうです。まず、ひき逃げ犯を警察に探してもらわなくてはなりません。その点は意外にもスムーズにいきました。というのも、罪悪感があったのか自首してきたからです。その後は治療費を支払ってもらうなどの交渉となりました。ひき逃げをするほどの人だったこともあり、お金に関することはなかなか話が思うようにいかなかったそうです。友人もケガをしていて自分が交渉をするのはとても大変だったことから、弁護士に相談することになりました。この弁護士を紹介したのは私です。以前、私も交通事故に遭った時にお世話になった信頼できる弁護士に依頼しました。交通事故処理を専門とする弁護士だったので、その後は話がスムーズにいったそうです。当然、車側の方が悪いので治療費を支払ってもらうことになります。治療をしている間、友人は仕事も休むことになってしまいました。アルバイトをしていたのですが、本来ならアルバイトでまかなえていた額も支払ってもらえることになりました。お金に関することはどうしても素人同士では交渉が難しいため、弁護士に間に入ってもらった方が効率的です。こうして話は解決し、友人も後遺症もなく退院することができ、今は元気にアルバイトに行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です