友人が交通事故に遭った

同世代の友人が車に轢かれたことがあります。実はその時、ひき逃げでした。友人は目撃した人が救急車を呼んでくれた甲斐あってすぐに病院へ搬送され、大事に至らなかったのですが、その後の手続きが大変だったそうです。まず、ひき逃げ犯を警察に探してもらわなくてはなりません。その点は意外にもスムーズにいきました。というのも、罪悪感があったのか自首してきたからです。その後は治療費を支払ってもらうなどの交渉となりました。ひき逃げをするほどの人だったこともあり、お金に関することはなかなか話が思うようにいかなかったそうです。友人もケガをしていて自分が交渉をするのはとても大変だったことから、弁護士に相談することになりました。この弁護士を紹介したのは私です。以前、私も交通事故に遭った時にお世話になった信頼できる弁護士に依頼しました。交通事故処理を専門とする弁護士だったので、その後は話がスムーズにいったそうです。当然、車側の方が悪いので治療費を支払ってもらうことになります。治療をしている間、友人は仕事も休むことになってしまいました。アルバイトをしていたのですが、本来ならアルバイトでまかなえていた額も支払ってもらえることになりました。お金に関することはどうしても素人同士では交渉が難しいため、弁護士に間に入ってもらった方が効率的です。こうして話は解決し、友人も後遺症もなく退院することができ、今は元気にアルバイトに行っています。

保険会社以上の力を発揮してくれた

信号待ちで後ろから追突された。ただ単に赤信号で待っていただけなのにこういったもらい事故に巻き込まれてしまった時の話です。
自己所有の車で隣や後ろに人が乗ってるわけではなく、単身で運転していた時、見通しの良い交差点内にある信号でその事故は起きました。片側一車線の交差点、いつも通る道なのでいつも通り赤信号で止まっていると、後ろから車に衝突されました。任意保険で保険料を支払っている自動車事故の保険に入っていましたのですが、相手に100%の過失である事故であったため、保険会社は何か特別な対応をしてくれるということはなく、こちらに過失がない状態なので保険を使うことにはならなかったのです。
そのために示談交渉などそういった仲買い的な役割をしてもらえなかったのです。加害者側の保険会社と直接示談交渉を行うことになったのですが、加害者側が誠意がない態度であったために色々難癖をつけて賠償額を支払えない、支払わないといったようなことにより、話が七転八倒しストレスがたまりました。

弁護士特約に入っていることはなかったのですが、実際に弁護士特約に入っておけば良いとこの時に後悔をしました。弁護士特約を使うことができなかった私は、弁護士に相談することになりました。ちょうど会社の顧問弁護士の知人を紹介ができると会社の上司に相談したところその運びとなりました。その弁護士と話し合うことになり相談してみることにしました。そうすると見事なまでに話が進み、相手の保険会社と交渉をしてくれ、実際に弁護士がこれまでの判例をもとに賠償額が妥当なものかを客観的に判断した上に提示してくれ、見事に保険会社以上の力を発揮してくれたのです。

もらい事故であったとしても弁護士特約をつけるより、顔なじみの弁護士というのは心強い存在だということを改めて認識しました。