弁護士を入れるとスピード感が全く違う

横断歩道を歩きで渡っている時に、片側から来た車が止まらずに私をひき、車に当たった私は数十メートル先まで飛ばされ地面にたたきつけられました。反対車線の車は一時停止していたので、目撃者ありで10対0で私には非がないとされました。救急車で運ばれ緊急処置、一時意識不明、足は大きく腫れて体液が溜まる状態になりました。治療の結果、一部記憶喪失、くも膜下出血と脳挫傷、足の傷で後遺障害14級と認められました。 最初は自分で相手の任意保険の会社とやり取りしていたのですが、金額があまりにも低い、さらに法的に認められる後遺障害判定時に必要な医師の診断書に金額も含めていないなど不信感があり弁護士を挟むことにしました。 今は交通事故なら電話や郵送のやりとりで全国対応してくれる弁護士が多くなっています。当時私も転勤で地方にいたため、全国対応の弁護士を選びました。まず、最初に最悪の場合裁判にするかなど細かな方向性や目標額の打ち合わせがありますので安心です。その後も途中経過の連絡もありますので、交渉を代行してもらっているけど状況も分かるので信頼してお任せできました。弁護士が入ってからはやり取りも代行してもらえるので、自分の時間が持てるのと納得できない話でストレスをためることがなかったのが良かったです。 また、何度も自分で「ここの規準がおかしい」と言っても「これ以上は無理です」の一点張りだったのが、弁護士が入ることでコロッと変わったのが助かりました。と同時に保険会社の言うことが嘘だったなとイラっとしました。弁護士を依頼しなければ態度も変わらなかったはずですから、本当にプロの力を借りて良かったです。

時効をしっかり阻止

知人は交通事故に遭ってしまいました。損害賠償請求に対する時効について、まったく無知でもあり、保険会社との交渉なども頼れる人に任せたいことをぼやいていました。なので、法律事務所に相談することを促してみました。その時に、いくつかの条件みたいな話しをされたようで、自分がどの状況にあるのかを考えさせられたそうです。例えば、傷害事故に遭った場合には、負傷した事実が分かれば傷害を知ったといえ、治療費や休業損害がいくらなのか分からなくても時効期間が進行するという話しでした。知人はまったくもってそのまんま、この状況にあるワケで、時効期間がどんどん差し迫っている状況でした。弁護士いわく、知人の交通事故の発生した日時が2年弱前ということを前提に話しをしており、損害賠償請求をするにしても早いほうがいいとアドバイスしてくれたようです。加害者も分かっている状態ですし、傷害事故については負傷した時からの発生となるので、進行する時効を阻止することも必要だと言われたようです。ここでも弁護士が介入してくれたようで、時効期間は加害者が損害賠償債務を認めると中断できるそうでした。もちろん、保険会社との話し合いにおいては、そうした話しも耳にしていた知人、決して損害賠償請求に対して争うつもりはないことを言われていたそうです。ただ、知人がカラダを労る時間が欲しい旨を伝えることばかりにとらわれていたようで、そこからはすぐに弁護士が手続きなどもやってくれました。

友人が交通事故に遭った

同世代の友人が車に轢かれたことがあります。実はその時、ひき逃げでした。友人は目撃した人が救急車を呼んでくれた甲斐あってすぐに病院へ搬送され、大事に至らなかったのですが、その後の手続きが大変だったそうです。まず、ひき逃げ犯を警察に探してもらわなくてはなりません。その点は意外にもスムーズにいきました。というのも、罪悪感があったのか自首してきたからです。その後は治療費を支払ってもらうなどの交渉となりました。ひき逃げをするほどの人だったこともあり、お金に関することはなかなか話が思うようにいかなかったそうです。友人もケガをしていて自分が交渉をするのはとても大変だったことから、弁護士に相談することになりました。この弁護士を紹介したのは私です。以前、私も交通事故に遭った時にお世話になった信頼できる弁護士に依頼しました。交通事故処理を専門とする弁護士だったので、その後は話がスムーズにいったそうです。当然、車側の方が悪いので治療費を支払ってもらうことになります。治療をしている間、友人は仕事も休むことになってしまいました。アルバイトをしていたのですが、本来ならアルバイトでまかなえていた額も支払ってもらえることになりました。お金に関することはどうしても素人同士では交渉が難しいため、弁護士に間に入ってもらった方が効率的です。こうして話は解決し、友人も後遺症もなく退院することができ、今は元気にアルバイトに行っています。

保険会社以上の力を発揮してくれた

信号待ちで後ろから追突された。ただ単に赤信号で待っていただけなのにこういったもらい事故に巻き込まれてしまった時の話です。
自己所有の車で隣や後ろに人が乗ってるわけではなく、単身で運転していた時、見通しの良い交差点内にある信号でその事故は起きました。片側一車線の交差点、いつも通る道なのでいつも通り赤信号で止まっていると、後ろから車に衝突されました。任意保険で保険料を支払っている自動車事故の保険に入っていましたのですが、相手に100%の過失である事故であったため、保険会社は何か特別な対応をしてくれるということはなく、こちらに過失がない状態なので保険を使うことにはならなかったのです。
そのために示談交渉などそういった仲買い的な役割をしてもらえなかったのです。加害者側の保険会社と直接示談交渉を行うことになったのですが、加害者側が誠意がない態度であったために色々難癖をつけて賠償額を支払えない、支払わないといったようなことにより、話が七転八倒しストレスがたまりました。

弁護士特約に入っていることはなかったのですが、実際に弁護士特約に入っておけば良いとこの時に後悔をしました。弁護士特約を使うことができなかった私は、弁護士に相談することになりました。ちょうど会社の顧問弁護士の知人を紹介ができると会社の上司に相談したところその運びとなりました。その弁護士と話し合うことになり相談してみることにしました。そうすると見事なまでに話が進み、相手の保険会社と交渉をしてくれ、実際に弁護士がこれまでの判例をもとに賠償額が妥当なものかを客観的に判断した上に提示してくれ、見事に保険会社以上の力を発揮してくれたのです。

もらい事故であったとしても弁護士特約をつけるより、顔なじみの弁護士というのは心強い存在だということを改めて認識しました。